応援が足りてない件について

わたくしどもサンフマニアのあいだでは春先からやだ降格しちゃう…といった一定の危機感が流通しておりましたが、どうも今年は優勝しないらしい…残留争いなの…?といった困惑がやっとこさ”マニアではないがサンフレッチェに一定の関心を抱いている”みなさまに広がりつつあるようなきがしなくもない、そんなぐあいの、ぐーだぐだのぬるーい空気につつまれているサンフレッチェ。なにこの圧倒的サンフの危機が共有されてないかんじ…。なじょしてそんなことになっちまっているのかな。

 

といえばやはりサンフレッチェの圧倒的広報ちから不足かしら。

これまで唯一の地元メディアたる中国新聞による”低迷するサンフレッチェ”関連の記事は、強化部長インタビュー・低迷の総括てきな特集上下の3本。

記事の内容は、部長も社長も誰も責任をとると言明せず・させず、ファンサポーター応援してくださる皆さまへの呼びかけもなく、どこの誰に向かって喋っとるのかよくわからない独り言みたいな調子で我慢我慢とネガテブワードを連呼するのを問題視するでもなくだらだらと書き流すといったぐあいの半端さ。

新聞記者もたいがいポンコツだけれども、応援してくださる皆さまへの呼びかけなんぞ挨拶みたいにふつーにするもんをしていないのか、していたのなら追加で記事発注せんのんですかどうなっとるんですか社長部長フロントほかのみなさん。

 

しかしサンフレッチェも独力でなんでもできるわけじゃなし。助けが必要。

たとえば、フロント仕事しんさいと求め・しぶしぶでもフロントが動かざるをえんくらいの影響力を発揮できるのは誰か。

 

株主・スポンサーかしら。

でもしかし本来的には利害のみでつながるかれらはめんどうは止したいもの。ただでさえコストに見合うかどうか判断しにくい支援だし、わかりやすい結果でもって評価をくだす以外のかかわりかたは避けるのがふつう。

 

では利害を超えて、めんどうを受け入れ、サンフレッチェに向き合うのは誰か。

もちろんサポーターですよ。

もちのろんではあるけれども、個々のサポーターの各個による支援ではなかなか影響力とまではいきません。

ので組織が必要。代表者の後ろにマニアだけではない、たくさんのさまざまな顔を見出だせる公の組織すなわち後援会ならば、"民意"を示すことができる。サンフレッチェを取り巻く声・かたちづくるものすべてをもって支援することができる。

 

サンフレッチェ広島には、サンフレッチェ自身が運営する名ばかりのものと、安芸高田市のものしか公の後援会がない。他クラブたとえば新潟とかの後援会調べてみなされ。あまりの違いにびっくりしなされ。

なじょしてサンフレッチェには後援会がないのか?いろいろ理由はあるのでしょうがまあ足りんのよねわたくしどもの応援が。その必要に気づくことができなかったり気づいてものろのろしとったり。

すまねえなほんとに。

サンフレッチェのいたらなさはわたくしのいたらなさ。

 

そういったわけでサンフレッチェのひどい状況をすぐにどうにかするための適当な手段は今はないの。ざんねん。

なので若干少々かなり遠回りだけれどぼくは社長にお手紙おくります。ぼくが持つめいっぱいの立場と肩書きをもって"公"要素を詰めこんで。

もちろん自己満足に終わりそうな個人での働きかけにとどまったりはしませんのことよ。それはまた別の機会に示しますよ。みておれ。

 

サンフレッチェの危機を適切なタイミングで世間様と共有することはかなわなかったしこれからもすぐにかないはしないけれども。応援足りんとか言われて黙っとる腑抜けでもあるまいよサンフ好き過ぎる皆さまにおかれましてはよ。続けるなり発起するなり、がんばりましょーで。