BBQもっとやれ

キャプテン『おい、おまえら何してんだ!』『ビビってるなら替えてもらえよ!』

キャプテン『工藤、おまえどうやって点取りたいんだ』

工藤さん『ウウ,ウラヌケ ウラヌケ』

キャプテン『それなら俺はまずいちばん最初におまえを見る!おまえの動きを俺に叩きこめ』『俺を使いこなしてみせろよ!(女子アナころすときの目で)』

キャプテン『シウバ、ぎくしゃくしてるんじゃないよ!おまえどうやってプレイのリズムを乗せるんだ』

シウバさん『ドドド、ドリブルドリブル』

キャプテン『稲垣、おまえのストロングは何だ』

稲垣さん『ウンウン、ウンドウリョウウンドウリョウ』

キャプテン『稲垣は俺が後ろから出す”レーザービーム”*1のこぼれや折り返しを拾いまくれ!シウバは稲垣や工藤が拾いまくってできるスペースを使え!』

俺を使いこなしてみせろよ!(女子アナころすときの目で)』

 

 

といったぐあいに、キャプテンシーを自分の背中ではなく仲間を使い使わせることで発揮してほしい、自分のプレイではなく仲間のプレイをより活かしてほしい。そんなふうなキャプテン青山を望んでいるかのように人に話したりしておったのですけれども、どうも据わりが悪いのうと思いまして。

 

軍歌か男塾かみたいなリニューアルチャントやキャプテン連呼コールや男気複数年契約とかでもってすっかり頼もしい主将といった風情の最近の青山さんですけれども、ほんらいはわりとふしぎトンチキな憎めないいちめんと、やたらめったらオノレを追いこむストイックマシーンないちめんが同居した、いじられてなんぼのおもしろ兄さんですよ。

かつてカズと浩司と寿人がサンフレッチェをつくったように新しいサンフは俺様がつくるんだ的な気負いが各所インタビューなどで笑ってしまうくらいおもいきりわかりやすく伝わってくるあたりもやはり青山さんは、おもしろがられて、かわいがられてなんぼだのうと思いますのよ。

 

ですからな。連携とか連動とか練習とかももちろん大事だけれども、きみたちもっと同じ釜のメシやら同じ炭で焼いた肉やら食うて、同じお風呂につかったり同じベッドで寝たりして仲良くなりなよ友情を育みなさいよと思うよ。したらば工藤さんたち新加入のみなさんも青山さんがいじってなんぼて思い知るよ。使ってなんぼてわかるよ。

このところの低迷の一因はそこにもあると思うねぼかあ。キャンプの部屋は十人部屋とかにして夜な夜な好きなこ聞きあったり枕投げたりするべきだったね。

 先日やっと吉田にてBBQしたそうじゃないですか。いいぞもっとやれ。

*1:アメフトかイチローかみたいなやつ。もっとみたい。